ホーム > 安全対策について

安全対策について

バーコードシステム(A-BUSシステム)

anzen01.png

バーコードシステム(A-BUSシステム)とは、患者さん一人一人に個別のバーコードを配布し、患者さんご夫婦、卵子、精子、胚、凍結胚を一元管理するものです。また、誰がどの作業を行ったのか(媒精、顕微授精など)も履歴として残っています。

初めて採卵を行う際に、バーコード入りのリストバンドをお渡しします。その後、リストバンドは患者さんご自身に保管していただき、移植時に、リストバンドのバーコードと胚を保管したケースのバーコードを認証し間違いないか確認を行います。凍結胚移植時にも、バーコードを認証し間違いがないか確認を行います。

ž地震対策

anzen02.png

広島HARTクリニックでは各種機器の固定を十分に行っており、十分な免震機能を有しています。

広島HARTクリニック倫理委員会

広島HARTクリニックでは、生殖医療に関わる医学研究や臨床応用、非配偶者間の体外受精を行う前に、その開発・実施計画がヘルシンキ宣言の趣旨を尊重して医の倫理に基づいて適正に行われているかを、生命倫理および医学倫理に基づいて審査しています。

広島HARTクリニック倫理委員会内規(2005)

第1条(設置)

広島HARTクリニックは、 広島HARTクリニック倫理委員会(以下「委員会」という)を置く。

第2条(目的)

委員会は、広島HARTクリニック会員医師が行う生殖医療に関わる医学研究および臨床応用(以下、研究等という)について、その開発・実施計画がヘルシンキ宣言の趣旨を尊重して医の倫理に基づいて適正に行われているかを、生命倫理および医学倫理に基づいて審査する。

第3条 (委員会の組織)

委員会は、次の各号の委員をもって構成する。
 (1)臨床医学系の学識経験者  
 (2)生命科学系の学識経験者    
 (3)倫理・法律系の学識経験者 
 (4)一般市民の代表
2 委員は男女両性で構成され、それぞれが複数名であることとする。
3 第1項(1)から(4)までの委員は広島HARTクリニック院長が委嘱する。
4 第1項の委員の任期は、2年とし、再任を妨げない。
5 委員に欠員を生じたとき、あらたに委員を任命する.その委員の任期は前任者の残任期間とする。

第4条(委員長)

委員会に委員長を置き、委員長は委員による互選とする.委員長の任期は2年とし、2期を超えて再任することはできない。
2 委員長は、委員会を招集し、その議長となる。
3 委員長に事故があるときは、あらかじめ委員長が指名した委員がその職務を代行する。

第5条(議事)

委員会は委員の2分の1以上の出席がなければ、会議を開くことができない。
2 委員会は申請者を委員会に出席させた上、目的および実施計画などについて説明させるとともに、意見を述べさせることができる。 
3 審査の経過及び判定は、記録として保存し、委員会が必要と認めた場合は、公表することができる。

第6条(特別委員)

委員会が必要と認めるときは、専門家を特別委員として、委員会の審議に加えることができる。 
2 特別委員は、審査対象事案ごとに必要に応じて広島HARTクリニック院長が、委員会の意見をきいて委嘱するものとし、当該委員を他の審査対象事案の委員として合わせて委嘱することを妨げない。
3 特別委員の任期は、当該事案の審査終了の日までとする。

第7条(専門委員会)

委員会が必要と認めるときは、専門委員会を設置し、専門の事項の調査・検討をあるいは予備的審査にあたらせることができる。
2.専門委員は、委員長が委嘱する。
3.専門委員会に関する必要な事項は別に定める。

第8条(判定)

審査の判定は、出席委員の合意による、

第9条(申請手続き及び判定通知)

広島HARTクリニック所属医師が審査を申請しようとするものは、所定の申請書に必要事項を記入し、委員長に提出しなければならない。
2.委員長は審査終了後速やかにその判定結果を文書により申請者に通知するものとする。

第10条(実施計画の変更)

申請者が実施計画の変更をしようとするときは、速やかに委員会にその旨を報告するものとする。
2.委員会は、前項の報告について、必要があると認めるときは、改めて当該変更にかかる実施計画について審査の手続きをとることができる。

第11条(事務)

委員会の事務は、広島HARTクリニック倫理委員会事務局において処理する。

第12条(内規の改廃)

内規の改廃は、広島HARTクリニック経営会議の議を経なければならない。

メンバー

広島HARTクリニックには、一般市民、弁護士、外部産婦人科医師、児童福祉専門家、心理カウンセラー、大学教授(生命倫理担当)から構成される広島HARTクリニック倫理委員会(以下「委員会」という)を置いており、必要に応じて開催しております。