ホーム > 治療費(費用)について

治療費(費用)について

体外受精                         ¥432,000~

採卵および受精卵培養に要する費用(¥378,000)+胚移植の費用(¥54,000)

 

顕微授精                     ¥540,000~

体外受精(¥432,000)+顕微授精に要する費用:細胞質内注入法(¥108,000)


 ※上記の費用に、採卵までの排卵誘発に関わる費用、胚移植後の黄体補充に関する費用は含まれておりません。


◎透明帯開孔法(AHA法)に要する費用               ¥32,400-

◎胚盤胞培養に要する費用                     ¥75,600-

◎精巣精子採取に要する費用(手術代金・凍結代金も含む)      ¥108,000-

◎受精卵の凍結保存に要する費用(1容器あたり:凍結日より2年間)   ¥54,000-


***排卵誘発費用等の参考例(Long法、卵巣反応が良い方の一例)***

  • 採卵までの血液検査、超音波検査、
    HMG剤225単位/日×7日間、ナファレリール点鼻薬、
    HCG10,000単位 約¥70,000-
  • 胚移植後の黄体補充(膣錠)×12日間 約¥6,000-

※個人により卵巣刺激に対する反応に差が生じるため、金額が変わってきます。あくまでも一例としてご参照ください。

 

凍結胚移植の費用(AHA代含む)            ¥75,600-


検査費用について

  • 卵巣予備能力検査(AMH) ¥3,240-
  • ご夫婦の術前感染症検査 ¥9,180-
  • 精液検査 ¥5,400-

その他の治療・検査費用についてはお問い合わせください



お会計について

 
  診察代のお支払い方法は現金のみとなっております。
  クレジットカードの取り扱いはございませんのでご了承下さい。
 

不妊治療支援事業指定医療機関です 


【特定不妊治療費助成制度】
体外受精・顕微授精に要する、医療保険が適用されない費用の一部が助成の対象となります。
1回の治療あたり15万円を上限(治療内容によっては、7万5千円が上限)として、助成を受けることが出来ます。ただし、ご夫婦の前年の所得(1月から5月までの申請については前々年の所得)の合計額が、730万円未満の方が申請可能となります。申請可能な回数については受付、自治体へご確認ください。所得については、市役所・税務署にお問い合わせください。(県内・県外問わず申請は可能ですが、県市町村によって申請期限が異なります。)


【不妊検査費助成制度】
広島県では、不妊検査費を助成する制度が始まりました(2015年7月1日~)。広島県と福山市で制度が少し違いますが、保険負担分と自費負担分関係なく申請が出来、5万円を上限として実際にお支払いになられた1/2の助成を受けることが出来ます。ただし35歳未満の方という制限がございます(福山市にお住まいの方は年齢制限はありませんが、35歳以上の方は2.5万円が上限となります)。各医療機関で証明書を用意する必要がありますが、合算申請が可能です。

 

参考リンク:
→ 広島県サイト/特定不妊治療支援事業について
→ 広島市サイト/不妊治療費助成
→ 福山市サイト/特定不妊治療費助成事業

→ 広島県サイト/不妊検査費助成事業
→ 福山市サイト/一般不妊治療費助成事業

 

費用についての詳細はクリニックまでお問い合わせください。

医療費控除について

 
  当院でお支払いいただく治療費は医療費ですので、医療費控除の対象となります。
  領収書・明細書の再発行は出来かねますので、大切に保管されてください。