ホーム > 病院概要

病院概要

沿革 広島HARTクリニックの歴史

1990年 日本初の体外受精専門外来クリニックとして高橋産婦人科を開院
1992年 日本初の精子注入法(SUZI)による顕微授精児誕生
日本初のAssist Hatchinf(AHA)法による児誕生
1993年 医療法人ハート 広島HARTクリニックと改名
1995年 向田医師がダイヤモンド不妊クリニックから帰国 副院長に就任
1997年 日本初のガラス化胚盤胞(Vitrification)法による児誕生
日本初の胚盤胞移植法による児誕生
2000年 東京HARTクリニック開院
2001年 日本初のGnRHアンタゴニスト使用による児誕生
2004年 ISO9001:2000認証取得
2005年 第61回アメリカ医療医学会(ASRM)ビデオ部門学会賞受賞
2008年 非配偶者間の体外受精を実施
2010年 バーコードシステム(A-BUSシステム:胚・卵子・精子・凍結胚の識別システム)の導入

広島HARTクリニック品質方針

広島HARTクリニックは1990年に日本で初めて体外受精を外来診療で行う民間クリニックとして創設され、生殖補助医療(ART)の先駆けとなった。HARTは、Human Assisted Reproductive Technology(ヒト生殖補助医療技術)を表しており、開院以来、顕微授精、胚培養、胚の低温保存法のガラス化技術、ART医療安全管理システムなどの分野において有用な知見を発信し続けてきた。今後も世界最先端の不妊治療の提供とこの分野の発展に寄与することを目標とする医療機関である。

 

クリニックの信念は、挙児を望むご夫婦に適切な情報と医療技術を提供し、満足できる結果を得ることである。そのため全てのスタッフは常に患者の要望・期待に適切に対応できるようにART医療に関連する知識、技術、安全対策の習得を心がけ、絶えず今よりも高いレベルを目指し努力することが期待されている。

院長 向田 哲規