先進医療とは

先進医療については、平成16年12月の厚生労働大臣と内閣府特命担当大臣(規制改革、産業再生機構)、行政改革担当、構造改革特区・地域再生担当との「基本的合意」に基づき、国民の安全性を確保し、患者負担の増大を防止するといった観点も踏まえつつ、国民の選択肢を拡げ、利便性を向上するという観点から、保険診療との併用を認めることとしたものです。

厚生労働省ホームページより一部抜粋)

当院で実施できる先進医療について

厚生労働省が先進医療Aとして認めている技術のうち、当院から厚生局へ届出を提出し、承認された技術のみが実施可能となります。

現在、当院にて実施可能(承認済み)の技術については下記の通りとなります。承認状況は随時更新して参ります。

実施可能な先進医療技術

(※先進医療技術名をクリックすると詳細が確認できます)

<技術の概要>

培養器に内蔵されたカメラによって、培養中の胚を一定間隔で自動撮影し、培養器から取り出すことなく、正確な胚の評価が可能となる技術

<適応症>

不妊症(卵管性不妊、男性不妊、機能性不妊、又は一般不妊治療が無効であるものに限る)

※当院では、全ての採卵においてタイムラプスを使用します

<費用>

38,500円

<技術の概要>

強拡大の顕微鏡を用いて、成熟精子の選択を行う技術

<適応症>

不妊症(卵管性不妊、男性不妊、機能性不妊又は一般不妊治療が無効であるものに限る。)

<費用>

22,000円

<技術の概要>

凍結保存した胚培養液を胚移植数日前に子宮に注入し、受精卵の着床に適した環境を作り出す技術

<適応症>

不妊症(卵管性不妊、男性不妊、機能性不妊又は一般不妊治療が無効であるものに限る。)

<費用>

33,000円

<技術の概要>

子宮内膜を採取し、次世代シークエンサーを用いて遺伝子の発現を解析し、内膜組織が着床に適した状態であるのかを評価する検査

<適応症>

不妊症(卵管性不妊、男性不妊、機能性不妊又は一般不妊治療が無効であるものであって、これまで反復して着床又は妊娠に至っていない患者に係るものに限る。)

<費用>

110,000円

<技術の概要>

子宮内の細菌叢が正常であるのか、異常であるのか、またその菌の種類の組成を判断する検査

<適応症>

慢性子宮内膜炎が疑われるもの

<費用>

66,000円

<技術の概要>

胚移植を行う予定の前周期に子宮内膜のスクラッチ(局所内膜損傷を与える)を行い、翌周期に胚移植を行う技術

<適応症>

不妊症(卵管性不妊、男性不妊、機能性不妊又は一般不妊治療が無効であるものであって、これまで反復して着床又は妊娠に至っていない患者に係るものに限る。)

<費用>

27,500円

<技術の概要>

先行して初期胚を移植し、後日、継続培養を行った別の胚盤胞を移植する技術

<適応症>

不妊症(卵管性不妊、男性不妊、機能性不妊又は一般不妊治療が無効であるものであって、これまで反復して着床又は妊娠に至っていない患者(子宮内膜刺激術(SEET法)が実施されたものに限る。)に係るものに限る。)

※検討される方は、採卵へ向ける治療開始前までに医師へご相談ください。

<費用>※先行した初期胚の移植(胚盤胞の移植は保険算定)

新鮮胚:75,000円

凍結融解胚:120,000円

2022年7月22日更新