院長・理事長 向田哲規 (Tetsunori Mukaida)

1960年6月25日  広島県広島市中区生まれ

私の経歴を紹介します。昭和35年生まれで修道高校卒業まで広島で育ち、高知医科大学に入学し、大学時代はテニス部とヨット部に属し、卒業後は高知医科大学産婦人科医局にて一般産婦人科のトレーニングを受けました。

医師 長場美由紀 (Miyuki Nagaba)

1975年 広島県広島市生まれ
2001年 藤田保健衛生大学医学部卒業

 

平成13年3月藤田保健衛生大学医学部(愛知県)を卒業後、広島大学産婦人科に入局、大学付属病院での2年間の研修後、厚生連広島総合病院産婦人科、広島鉄道病院産婦人科に勤務。平成18年には日本産婦人科学会専門医の資格を取得しました。その間、多くの婦人科手術、お産に立ち会いましたが、不妊患者さんやホルモン疾患の患者さんを診る機会はあまりありませんでした。 

 

オールラウンドの産婦人科医を志し、また女性としてもホルモン(内分泌)、生殖医療を勉強することが必要と考え、心機一転、広島HARTクリニックでの研修を決意し、平成20年4月1日よりHARTクリニックに就任しました。

医師 品川詩織(Shiori Shinagawa)

1983年 広島県広島市生まれ
2008年 広島大学医学部医学科卒業

 

平成20年に広島大学医学部医学科を卒業後、広島赤十字・原爆病院にて初期研修を行い、広島大学産科婦人科に入局、JA広島総合病院、中電病院、広島大学病院を勤務いたしました。また、平成25年に日本産婦人科学会専門医を取得いたしました。
このたび、広島HARTクリニックに勤務させて頂くにあたり、不妊治療に悩む患者様の力になりたいと思っております。丁寧な説明・診療を心がけて参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

医師 和田龍(Ryu Wada)

1971年 和歌山県岩出市生まれ

 

平成12年兵庫医科大学を卒業後、同大学病院産科婦人科学教室に入局し、2年間初期研修し、生長会府中病院、兵庫医科大学病院、徳島市周和会恵愛病院などで生殖医療、周産期医療に携わってきました。平成31年4月から兵庫県西宮市のサンタクルスでも生殖医療、周産期医療に携わりながら、最先端の生殖補助医療を学ぶことが必要と考え、広島HARTクリニックに来ることになりました。
今まで多くの病院やクリニックで経験したことを踏まえて、患者様一人ひとりに納得していただけるように患者様の気持ちを大事にして、治療のお手伝いをしていきたいと考えています。

医師 岡本啓(Kei Okamoto)

1982年 広島県呉市生まれ
2008年 広島大学医学部医学科卒業

 

平成20年に広島大学医学部医学科を卒業後、国立病院機構呉医療センター・中国がんセンターで初期研修を行い、広島大学産科婦人科教室に入局しました。その後、広島市立安佐市民病院、市立三次中央病院で勤務いたしました。また、平成26年に日本産婦人科学会専門医を取得いたしました。
妊娠成立から周産期まで寄り添える医師を志し、この度広島HARTクリニックに勤務させていただくこととなりました。患者様が安心、納得いただけるよう明確な診療に努めますので、よろしくお願いいたします。

医師 永井徹(Toru Nagai)

1959年 広島県広島市生まれ
1985年 広島大学医学部卒業

 

昭和60年広島大学卒業後、広島大学医学部産科婦人科学教室入局以降、尾道総合病院、広島大学病院、麻田総合病院(現まるがめ医療センター)、広島鉄道病院、広島総合病院、土屋総合病院、真野産婦人科、頼島産婦人科と勤務し、分娩や良性・悪性腫瘍治療、(開腹、膣式、腹腔鏡)手術等幅広く産婦人科全般に携わり、後半は分娩中心の診療を行って来ました。
この度広島HARTクリニックに勤務させていただき、最先端の不妊治療に携わることの喜びを大いに感じています。
患者様には出来るだけ分かりやすい言葉で十分理解していただけるように心がけて説明させていただきます。また、分からない事や不安な事も遠慮なくどんどん質問してください。患者様の不安・希望・事情とこちらからの最新の情報・医療技術をぶつけ合って最高の結果に到達出来る様に精一杯頑張って行く覚悟でございます。よろしくお願いいたします。