※当ホームページ記載の費用は、全て自費診療での費用です。2022年4月1日からの保険診療につきましては、患者様の治療計画によって異なりますので、診察時にご相談ください。

※院内に、保険診療での体外受精費用の一覧表を置いております。通院中の患者様で、保険診療を検討される際は、ご自由にお持ち帰りください。

お会計について

診察代のお支払い方法は現金、お振込みとなっております。

クレジットカードの取り扱いはございませんのでご了承下さい。

体外受精

¥440,000~ (税込)

採卵および受精卵培養に要する費用(¥385,000:税込)+胚移植の費用(¥55,000:税込) 

※上記の費用に、採卵までの排卵誘発に関わる費用、胚移植後の黄体補充に関する費用は含まれておりません。

顕微授精

¥550,000~ (税込)

体外受精(¥440,000:税込)+顕微授精に要する費用:細胞質内注入法(¥110,000:税込) 
※上記の費用に、採卵までの排卵誘発に関わる費用、胚移植後の黄体補充に関する費用は含まれておりません。

卵巣の状態は個々人によって異なりますので、弱い刺激でも過剰に反応してしまう方や、反面強い刺激でもほとんど反応しない方もいらっしゃいます。刺激が強すぎる場合にはOHSS(卵巣過剰刺激症候群)を生じる可能性があり、逆に刺激が効かない場合には採卵は行えません。

透明帯開孔法(LAH法)に要する費用

¥33,000-(税込)

胚盤胞培養に要する費用

¥77,000-(税込)

精巣精子採取に要する費用(手術代金・凍結代金も含む)

¥110,000-(税込)

受精卵の凍結保存に要する費用(1容器あたり:凍結日より2年間)

¥55,000-(税込)

排卵誘発費用等の参考例(Long法、卵巣反応が良い方の一例)

  • 採卵までの血液検査、超音波検査、HMG剤225単位/日×7日間、ナファレリール点鼻薬、HCG10,000単位 約¥110,000-(税込)
  • 胚移植後の黄体補充(膣錠)×12日間 約¥55,000-(税込)~77,000-(税込)
※個人により卵巣刺激に対する反応に差が生じるため、金額が変わってきます。あくまでも一例としてご参照ください。

凍結胚移植(LAH代含む)

¥77,000~ (税込)

検査費用

  • ご夫婦の術前感染症検査 ¥9,350-(税込)
  • 精液検査 ¥5,500-(税込)

※その他の治療・検査費用についてはお問い合わせください

先進医療技術

タイムラプス撮像法による受精卵・胚培養

¥38,500

※当院では、全ての採卵においてタイムラプスを使用します

強拡大顕微鏡を用いた形態学的精子選択術(IMSI)

¥22,000

子宮内膜刺激術(SEET法)

¥33,000

子宮内膜受容能検査(ERA)

¥110,000

子宮内細菌叢検査(EMMA/ALICE)

¥66,000

子宮内膜擦過術(スクラッチ)

¥27,500

二段階胚移植術

新鮮胚:¥75,000
凍結融解胚:¥120,000

※先行した初期胚の移植代金(胚盤胞の移植は保険算定)

※自費診療で行う二段階胚移植とは条件が異なりますので、下記リンク先より詳細をご確認ください

卵子凍結費用

  • 採卵及び卵子の成熟度の確認に要する費用  ¥220,000-(税込)
    ※尚、採卵までの注射、検査費用は別料金となります。
  • 卵子凍結、2年間の保管費用  1容器あたり ¥110,000-(税込)
    (1容器に卵子を2~3個保管します。)
  • 卵子凍結延長費用(1年) ¥55,000-(税込)

高額療養費制度について

医療費の家計負担が重くならないよう、医療機関や薬局の窓口で支払う医療費が1か月(歴月:1日から末日まで)で上限額を超えた場合、その超えた額を支給する「高額療養費制度」(こうがくりょうようひせいど)があります。

上限額は、年齢や所得に応じて定められており、いくつかの条件を満たすことにより、負担を更に軽減するしくみも設けられています。

厚生労働省ホームページより一部抜粋)

医療費控除について

当院でお支払いいただく治療費は医療費ですので、医療費控除の対象となります。領収書・明細書の再発行は出来かねますので、大切に保管されてください。